足の臭いを消す方法@簡単対策グッズランキング

足の臭いを簡単に消したくありませんか?

04きちんと洗っていてもいつの間にか臭ってしまう足。
足の臭いで悩んでいる女性の方は少なくないはず。
制汗剤や芳香剤を使ってごまかしてみても、臭いが混ざってしまい余計ヒドイコトに。

いったいどうすればいいんだろう…。

そんな風にお悩みの方へ。
ぜひ知っておいてほしいことがあります。

それは、しっかりとした足の臭いケア商品を使えば、足の臭いはきちんと消すことができるのです。
このサイトでは、足の臭いのメカニズムから本当に効果のあると口コミで評判の足の臭いケア商品をランキングでご紹介します。

足の臭いを簡単に消したいと思っている人はぜひ参考にしてみてください。

足の臭いを消す方法@簡単対策グッズランキング

NO1.デトランス

30足の臭いに効く商品の一つにデトランスαというものがあります。
このデトランスαは、一度塗るだけで体を洗ったりしても約10日間は制汗効果が続きます。制汗して足の臭いを防ぐだけでなく、デトランスαの持つ消臭効果で、足の臭いを消す事が出来ます。

どんなに運動をして汗をかいたとしても、すぐにドライの状態になるので、臭いの原因になる湿気も起りません。ローションタイプなのでとても使いやすく、小さいので持ち運びにも便利です。

足の臭いの原因は水虫と細菌によるものとされていますが、これら2つは汗との関係がとても深いです。臭いが発生する原因は、雑菌や汗単独で起こるものではなく、雑菌の栄養になる皮脂や汗と雑菌が合わさった時に臭いが発生するのです。デトランスαは制汗剤の中では最も効果が高く、汗を大量にかく人でも汗の量が減るため足のムレがなくなり、サラサラの状態を維持できます。また、臭いを消す効果もあるため、足の臭いが気にならなくなります。そしてなんといっても一度塗るだけで制汗効果が一週間は持続します。ですが、多量に塗ると肌がヒリヒリしてきたり、乾燥し過ぎて肌が傷つきやすくなってしまったりするので、注意してください。けれど、足の臭いを今すぐにでも消したいという人には、おすすめですので是非試してみてください。

デトランスの口コミ情報

デトランスはなくてはならないマストアイテムです

夏だけに限らず、一年中多汗症に悩まされていた私にとって、デトランスは救世主といえるケア用品でした。
汗をかくだけならまだしも、キツイ臭いが足やワキからするので、通勤中の電車や、人に近づくのがかなり苦手でした。
特に冬はブーツを履くので足の裏の臭いや、ブーツ自体がくさい臭いがするので、ずっと悩んでいたのですが、デトランスをお風呂上りに足の裏に塗布するだけで、一日中くさい臭いがしなくなったんです。

市販で売られている商品を、今まで散々使用しても効果がでなかったのに、デトランスは即効性や持続性があり、人が近くにいても緊張しなくなった今は、購入して本当に良かったと思いました。

かゆみや肌荒れなどの肌トラブルも感じられなかったので、使い切ったらまたリピートしようと思います。

デトランスαのおかげで足の臭いを消す事ができました

1年365日、手汗で毎日毎日何年も悩んできましたが、このデトランス1本でその悩みを嘘のように消す事ができました。

最初は半信半疑でしたが、使ってみれば効果が実感できます。ベタベタ感はあまりなく、私は匂いも気になりません。就寝前に塗るだけなので、とても楽に使えます。ふき取りは、翌日に使い捨ての汗拭きシートで行っています。1本で確実に1カ月以上もつので、コスト面でもお勧めしたい商品です。周りにの人に気を使う機会が減ったので、精神的にも元気になれました。

お風呂上りに塗るだけで手軽に足臭ケアが出来ます。

私は外出する時にブーツを履く時があります。
ブーツを履くと足が臭ってしまいます。足の臭いはかなり強烈なので周囲の反応がすごく気になってしまいます。一刻も早く足の臭いを治したいと思い友人に相談したらデトランスという商品を薦めてくれました。それで友人からデトランスという商品を貸してもらって使用してみました。お風呂上りに塗ればいいので手軽に使用出来ると思いました。継続して使用していくと足も臭わなくなってきました。足の臭いは温度や湿度が高くなると臭い出すのでその辺りも注意していきたいです。

NO2.デオプラス

32足の臭いに効く商品にデオプラスというものがあります。これは、たったひと塗りするだけで足の臭いを消す対策になるというクリームです。一度塗るだけで臭いを97%もカットしてくれます。デオプラスに配合されているパンシルという成分は柿の葉から抽出されたもので、その効果は茶カテキンの25倍にもなります。

柿の葉は昔から消毒や抗菌、防腐に使われています。その柿の葉から抽出された成分パンシルが配合されているので、臭いの原因である菌を分解して、更には制汗作用も期待ができます。そしてイソプロピルメチルフェノールという臭いの原因を抑えて臭いを発生させないようにしてくれる成分も含まれています。イソプロピルメチルフェノールは、分子レベルで臭いの原因となる菌を抑えてくれるので、臭いをもとから抑えてくれます。1日1回を目安としてこのデオプラスを塗ると、毎日使い続ける事でより臭いを抑えて、持続力も上がってきます。制汗と臭いを消すダブルの効果があるので、足の臭いが気になる人にはとてもおすすめの商品です。また、見た目もおしゃれなので、外出先で使用しても周りの人に気づかれる心配はあまりありません。また、30日間の返金保証もついているので、安心して購入できます。もしデオプラスが気になっている人がいたら、是非一度試してみてください。

そもそも足が臭うのは何故?

足臭の最大の原因は乾燥しにくい環境

07足の臭いの発生原因の主たるものは、乾燥しにくい環境にあります。
まず、足が汗をかいたとすると、他の体の部位で汗をかく場合と違いタオルやハンカチといった物で簡単に汗を拭いたり、手洗いや洗顔の様に洗い流すのも難しいです。

また、通気性が悪い靴を履いている場合も、汗の乾燥を阻害している要因の一つと言えます。
かいた汗が乾燥しにくく、通気性が悪い状態を続けると臭いの元となる雑菌が繁殖しやすい環境を作り、さらにその栄養分となる汗が常に供給されているという状況が臭いをさらにキツくしていくのです。

靴が雑菌の温床になっている

次に靴自体の問題があります。
先述した様に、一般的な靴は通気性が悪い物が多いです。(最近通気性が良い物も増えてきていますが)
靴の通気性が良くできない要因は、雨の日に歩く事がある為で、『通気性が良い靴イコール雨などで靴の中がすぐに濡れやすい靴』という図式が成り立つからです。
この為、通気性が悪い靴は当然靴の内部が乾燥しにくく、常になんらかの湿気を帯びている状態に、この湿気が雑菌を呼びよせ、さらには増殖させていくのです。

爪のアカなども雑菌を繁殖させる要因に

また、足の指の間や、爪のアカといった物も清潔に保っていないと雑菌を繁殖させる要因の一つとなります。ちょっとした気遣いですが、足、靴下、靴を清潔に保ち常に乾燥しやすくする、足の指周りも清潔にする習慣を持つ事をオススメします。

足の臭いを生む6つの要因

1.靴

05毎日長時間に渡って靴を履いていると、靴がだんだん蒸れてきます。この蒸れによって雑菌が繁殖して、臭いの原因になってしまいます。靴の湿気を取り除き、清潔な状態を維持する事で防止する事が出来ます。

臭いを消す対策1:靴をローテーションで履き回す

良く同じ靴を毎日履かれる方がいますが、予備の靴をもう一足準備して履き替えた方が良いです。毎日同じ靴を履いていると乾かす暇もありませんして、なかなか湿気が取れません。靴を一定の周期で履き替えて、天気の良い日に干して乾燥させると湿気を取り除く事が出来ます。

臭いを消す対策2:通気性の良い素材のものを選ぶ

また素材も注意したいところです。ゴムやビニールなどの素材は、通気性が悪く湿気が溜まりやすくなっています。可能なら通気性の良い本革や布製の靴をチョイスすると良いです。 靴を選ぶ際には、ちょうど良いサイズ選びも重要です。ぶかぶかな状態やきつきつの状態で靴を履くと、足が緊張した状態になります。緊張状態になると、汗などの臭いの元になる成分が出やすくなります。きちんとあったサイズの靴を選ぶ事で、余計な臭いの元が出るのを防げます。

臭いを消す対策3:消臭効果のある中敷を使う

それでも臭いが気になる場合は、臭いを消す効果のある中敷を使用すると良いでしょう。こうした中敷は、洗って繰り返し使用できるものも多いです。中敷を使用すれば、靴の清潔が保ちやすいので、こちらも数点準備しておくと、尚良いです。

2.靴下

16足に直接触れる靴下は、汗などの物質を吸い取るので、臭いの原因になります。その靴下を放置しておくと、どんどん 雑菌が繁殖して、臭いもきつくなってしまいます。

臭いを消す対策1:臭効果のある靴下を使用する

靴下の臭いを消す対策としては、まずは根本的なところで、臭いを消す効果のある靴下を使用する事です。臭いを消す効果のある靴下の多くには、菌を抑える効果と臭い物質を分解する効果があります。靴下の繊維にこうした効果のあるものが組み込まれているので、長期間効果を維持してくれます。

臭いを消す対策2:靴下用の臭いを消すスプレーを使用する

わざわざ買うのはちょっとという方には、靴下用の臭いを消すスプレーがおススメです。現在使っている普通の靴下でも、あらかじめスプレーをしておけば、臭いを消す効果のある靴下に変えられます。中には、衣類用に使えるスプレーもあるので、様々な場面で使用出来るでしょう。

臭いを消す対策3:5本指の靴下を使用する

5本指の靴下も臭いを消す対策としては、効果があります。通常の靴下と違い、5本指だと足の指と指が直接当たりにくいので、菌の繁殖がしにくくなります。女性向けでは、靴下やストッキングの下から履けるハーフ5本指ソックスなどもあるので、試してみると良いでしょう。パッと見では履いているのが分かりにくいので、靴を脱がないといけない飲み会の席などでも大丈夫です。”

3.足自体

02足の裏には、他の体の部分より多くの汗腺が集中しており、1日で200ccもの汗をかくと言われています。
これだけ汗をかくと、どうしても菌が発生しやすい状況になり、臭いの原因になってしまいます。

臭いを消す対策1:足の裏の角質を取る

出来るだけ菌の繁殖を抑えるには、余分な足の裏の角質を取っておくと良いです。
立ち仕事やハイヒールなどの足に負担の多い靴を履いていると、足の裏に角質が溜まってきます。
この角質が臭いの元になる菌のエサになります。事前に角質を除去する事で、同じ量の汗をかいた場合でも菌の繁殖のスピードが遅くなります。角質を剥がすピーリング効果のあるジェルやローションを使って、除去するときれいに取れるでしょう。軽石などでお風呂で擦るのもありです。ただ、削りすぎには注意が必要です。

臭いを消す対策2:足湯をする

足の臭いがする要因に、きっちりと足の裏が洗えきれておらず、臭いが残っているケースも考えられます。そうした場合には、重曹湯やミョウバン水で足を洗うとかなり効果があります。重曹を溶かしたお湯は、弱アルカリ性で臭いのもとになるイソ吉草酸を中和してくれる効果があります。普段の足洗いで落とし切れていない汚れを、これで中和すると良いでしょう。臭いのきつい人は、2,3日に1回くらいの頻度で重曹湯につかると、かなり効果が期待できます。

4.ストレスや疲労

08過度のストレスが足の臭いの原因になる事もあります。
ストレスで汗が出る事を、精神的発汗といいます。

プレッシャーがかかる場面などでは、平常時に比べてドキドキして、余分な汗をかく事になります。
特にこうしたケースでは手足に症状が出やすいので、臭いの元になってしまいます。

こうした精神的発汗の事を嫌な汗が出ると表現したりしますが、文字通り普段出る汗とは異なる成分を含んだ汗が出てしまいます。アンモニア、脂質、尿素などを含むので、特に臭いがきつくなります。

臭いを消す対策1:ストレスを溜めにくい環境にする

あまりストレスを過度に受けるような環境にいると、体臭がきつくなる元なので、注意が必要です。適度に息抜きをして、ストレスを溜めにくい環境になるようにしましょう。

疲れも足の臭いの原因になります。
体に疲労が溜まってくると、乳酸とアンモニアが血中に増加してきて、体から疲労臭がしてきます。
この疲労臭は、アンモニアなどの強い臭いの元を含んでいるので、臭いの原因になってしまいます。

臭いを消す対策2:睡眠を充分にとる

翌日に疲れを残さないように、しっかりと睡眠を取るようにましょう。
時間がないかもしれませんが、シャワーで済まさずに湯船に浸かる事で、血液の循環が良くなり、良質な睡眠が取れるようになります。質の良い睡眠をして、疲れを蓄積しないようにしましょう。

5.食生活

09毎日の食事も足の臭いに影響を与えています。
汗をかきやすい食事を続けていると、自然と足の臭いもきつくなっていきます。

一般的に汗の出やすい食事と言うと、肉料理などの脂っこい料理が挙げられます。
こうした料理は、動物性タンパク質や脂質を多く含むのですが、体の代謝機能を活発にすると共に、汗をかきやすくします。

臭いを消す対策1:和食中心の食事に切り替える

その他にも臭いや刺激の強い食べ物も肉類と一緒に摂る事で足の臭いが強くなる傾向があります。
これらの脂っこい食事などはほどほどに抑え、和食中心の食事に切り替えると良いでしょう。
動物性たんぱく質の少ない野菜やビタミンを多く含む果物などを積極的に摂る事で、バランスの良い食生活ができ、足の臭い予防にもなります。

臭いを消す対策2:アルコール・タバコを控える

食事以外にも、アルコールなども臭いの原因になります。大量のお酒を飲むと、消化しきれなかったアルコールは汗として排出されます。またアルコールを代謝する際には、強い刺激臭を発生させるので、臭いの原因になってしまいます。お酒を飲む方は、一緒にタバコを吸われる方も多いと思います。タバコも中枢神経を刺激して発汗を促す作用があるので、汗をかきやすくなります。お酒やタバコはほどほどに控えて、過度に体に負担をかけないようにする事が臭いを消す対策にもなります。

6.病気

10病気が、足の臭いの原因になることもあります。
一般的に知られている病気では、多汗症が挙げられます。
この症状の方は、体温調節が必要のない場合でも汗をかいてしまったり、必要以上に汗が出てしまったりする特徴のある病気です。

臭いを消す対策1:多汗症かなと思ったら皮膚科に行く

靴の中は、特に熱の籠りやすい環境にあるので、症状が出やすくなっています。
汗を大量にかく事によって、菌が繁殖しやすくなる原因になってしまいます。
治療をしないとさらに悪化する場合も あるので、早めに皮膚科に行くと良いでしょう。

臭いを消す対策2:水虫の場合は早めに治療する

足の臭いでは水虫が原因と思われている方も多いですが、水虫は直接は関係ありません。
ただ、水虫の原因菌である白癬菌と臭いの元になる菌は、同じような環境で繁殖するので、早めに水虫の治療もしておくと良いでしょう。こちらも多汗症と同様に、皮膚科で治療する事になります。

臭いを消す対策3:内蔵疾患が疑われる場合はすぐに専門医に診てもらう

あまり知られていないですが、内臓疾患や糖尿病が原因で足の臭いがでる事があります。
これらの病気になると、体の免疫力が低下します。免疫力が低下すると、体が本来持っている抗菌力なども低下するため、菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。
こちらは自分では臭いを消す対策が出来にくいので、専門医に相談すると良いでしょう。
自然と病気が治ることはほぼないので、きちんと病院に行く事が大事です。

足の臭いを消すための簡単な8つのアドバイス

自宅で簡単にできる足臭ケアのための8つのアドバイスを紹介します。
対策グッズを使うことに抵抗がある方などは、紹介する方法を試して頂ければと思います。

1.洗い方を見直す

簡単にできる足の臭いを消すための洗い方としては、まず足の指と指との間を入念に洗いましょう。
汗の臭いでも体臭でもそうですが、体から出る臭いの大半は、身体中に潜む常在菌の繁殖と分解によっておこります。
そのため、雑菌が繁殖しやすい場所であるところを入念に洗うというのが大事です。
雑菌の繁殖しやすい場所として湿気が多く日差しに当たりにくいところという特徴があるため、指と指との間であり普段は洗いにくいところとなります。

ポイント1:ゴシゴシ洗わない

そして、洗う際はゴシゴシと洗うのではなく足の表面についている雑菌にたいして、入念にボディータオルで泡立ちを良くしたのちに泡だけをこすり合わせるようにしてさするという方法が一番雑菌を退治しやすい方法となります。
ゴシゴシと入念に洗わないように注意します。

ポイント2:角質を落とす

そして、雑菌の繁殖で一番の栄養源である古くなった角質を落とすために、角質落としを一個用意しておき、足の臭いにも関係してきますのでぜひ、古くなった角質を落としましょう。

そして、最後に体を洗い終わったときは体温に近い温度で洗い流すとよいです。
肌は敏感なので洗い流すときに高温であると肌によくありませんして、必要な保湿力を奪ってしまいます。体温と同じく台を目やすいにしてください。

2.ミョウバン水を使う

12ミョウバン水には、そもそも殺菌作用があると言われているため、細菌などの雑菌の繁殖による臭いで足の臭いも臭くなります。
なのでミョウバンはうってつけのアイテムと言えます。

ミョウバンの性質上、お風呂などで水を使用するとミョウバンが溶けて殺菌さようのある酸性へと変化しますので、お風呂のときに体や足を洗うときにはぴったりの製品です。

汗の臭いはアルカリ性と言われているので、その性質の反対に当たる水に濡れると酸性になるというのは、中和作用が働きますので結果として臭いも抑制されて中和されるという仕組みです。
ミョウバンは市販でも購入できるミョウバンの原液と水で一般の方でも作る事ができるものです。

ポイント1:使用する前にパッチテストを行いましょう

自分の肌に合った割合で使用する必要がありますが、まずは患部に直接塗るのではなく腕のような人から見えにくようなところでパッチテストを行い体の反応をみてください。
特にアレルギー反応が見られないようであればぜひ患部へ使用してみてください。

一般的に市販されているデオドラントよりも自分で調整した分だけあって、濃度も高かったりオーダーメイドで自分のあったミョウバン水を手にすることもできますので足の臭いに対する効果も期待できそうです。

3.靴の消臭を行う

13足の臭いに関しては、一番重要なのは一日中履いている靴です。
さきほどもお伝えしたように湿気のあり日差しのあたらないところというのは雑菌の好む場所になり、さらには雑菌の繁殖にも非常に好ましい場所にもなります。

ポイント1:濡れた靴はきちんと乾燥させる

一番よい方法は、同じ靴を連続して履かない事です。
1日使用したのであれば翌日は天日に晒して十分な湿気を取り除くことをお勧めします。
特に雨などで濡れてしまった靴はしっかりと水分がなくなるまでは着用しないほうがよいです。
足の臭いだけではなく水虫の発生など足へのトラブルに繋がる可能性があります。

ポイント2:靴用でない消臭スプレーや芳香剤は使わない

靴用の臭いを消すスプレーも販売されており中にはデオドラント効果のあるものも売られています。
ここで気をつけなければいけないものは、よい臭いがするからといって靴用ではない臭いを消すスプレーや香料のついたスプレーを使用してはいけません。
靴用のものは臭いを消すだけでなくスプレー自体に雑菌が好む水分が含まれないようにしています。
そのため、臭いある部屋の臭い消しや着衣の臭い消しなどは若干のスプレーの中に水分を含んでいますので靴に使用するとかえって雑菌の繁殖を後押しして、臭いも混ざって悲惨なこととなりますので注意が必要です。

4.足の角質を落とす 爪を切る

14臭いの原因である雑菌は体にある角質を餌として繁殖を続けております。
そのため、臭いを防止するには雑菌の繁殖を抑えるために餌を断つということが一番効果的です。
その餌を断つという方法として古くなった角質を摘出することや爪を短く切るということが効果的です。

爪を短く切ることによって、爪の中やはしっこには靴下などの誇りや足から出た皮脂などの脂分が詰まっています。
その詰まっている不純物だけでも相当な臭いがしますがそのような皮脂を餌にして雑菌は繁殖しているので、汚れがたまらないようにするには爪自体を短くしておくことが重要と言えますし簡単な対処法の1つと言えます。

また、角質においても皮脂と同じく雑菌の餌となります。
そのため、一般的に売られている角質落としで十分ですので定期的にやりすぎはよくないですが必要最低限のケアはしましょう。

ポイント1:足にもアポクリン汗腺ががある

足には常に体温調節を行うため汗を体の外へ排出するためにワキガの原因ともなるアポクリン汗腺があります。
つまり皮脂が分泌されやすい場所であり湿気の多い場所ですので雑菌たちにとって住み家にうってつけの場所なのです。

5.足湯をする

15足の雑菌を殺すために足湯というのは非常に効果的な方法です。
ただ、お風呂の温度と同じくらいにしなければいけないことやただ足湯をするだけでなく綺麗に足をあらってからすると効果的です。

ポイント1:足湯にお酢をいれてあげる

雑菌はアルカリ性なので酸性の足湯に足をいれておく事で殺菌効果もあります。
お勧めの殺菌効果のある足湯の方法としてはお酢をいれてあげる方法です。
お酢はそもそも酸性の性質がありますので、使い捨てである足湯の桶にはお酢を入れて足をいれておくだけで自然と簡単に殺菌をしてくれます。

ポイント2:足湯の後は水洗いをしない

また、足湯をした後に水で洗い流したくなるところですが決して水洗いをしてはいけません。
できれば、お風呂の後にお酢入りの足湯を行います。そして、足湯から出るときはそのままタオルで拭き取ります。
そうすると足にそのままお酢が残りますので継続して殺菌作用を持続することができます。

小さな心がけですがこの行動は劇的に効果を生む秘訣ですので参考にどうぞ。

6.5本足ソックスを使う

165本足ソックスというのはリラックス効果もありますして、開放感もありますので快適です。
くわえて、足の臭いや水虫にも効果があります。

人間の足の構造上、足の指というのは四六時中隣の指と接している部位です。
そのため常に熱がこもっていたり、汗をかいているにも関わらず換気ができないために湿気が常に充満している状態になりやすいです。

そんな足の臭いや雑菌にとって好ましい状況を改善できるのが5本指ソックスです。

指1本1本にソックスの布が接しているため、指と指の間にある汗を常に吸収してくれます。
通気性もよいです。1本1本、それぞれの指を動かすこともできるので、血流も滞ることなく流動的な足へと変化することができます。
健康な足であれば雑菌の繁殖は抑えられますので、結果的にも様々な恩恵を受けることができる簡単な足の臭いを消す対策となります。

通常の靴下と履き心地が異なるため違和感を覚えることもありますが、履いていればすぐに慣れてしまいます。

7.通気性の良い靴を選ぶ

18雑菌を増やさないということを意識する方法として靴下だけでなく通気性のよい靴を履くというのがポイントです。
特にウォーキングシューズは、運動をする方専用に作られているため通気性も良く汗の発汗作用を考えて通気口を設けているシューズも多いです。

常に空気の循環がよいということは、雑菌の繁殖を抑制することにもつながります。
密閉型の革靴などはおしゃれですが足の臭いや足の環境を考えるのであれば、あまりオススメはしません。
できれば通気性のよい靴を履く方が足の環境にもよいです。

足は平均的に1日コップ一杯分の汗をかきます。
その排出された分の水分はきっちり換気しておかなければ水虫などにも発展してしまいます。

ポイント1:革靴を履くなら本革のものを選ぶ

特に靴の素材に関しても牛革などのものよりも汗の吸収性の高いメッシュ加工されている素材を使用している靴を使う方がよいでしょう。
どうしても革靴を履かないといけない場合には、本革のものを選ぶようにしましょう。

通気性のよい靴だけでは排出される汗を処理することに間に合わないことも季節や天気もありますので、靴自体の素材にもメッシュなどにこだわる方がよいと想います。

ポイント2:サイズにゆとりのあるものを選ぶ

靴のサイズにおいても少しゆとりのあるものを履いた方が窮屈な靴を履いているとストレスを足にかけるので、汗を通常よりも書くようになってしまいます。

8.下駄箱の臭いを消す事と乾燥を行う

19下駄箱は空気の入れ替えが行われずらい場所です。
そのため、ジメジエと湿気った靴をそのまま下駄箱に入れると、他の乾いている靴にまで湿気を移す可能性があります。

しっかりと下駄箱には除湿剤を入れることや高温多湿という状況を作り出さないように気をつけておく必要があります。
最悪の場合、湿気が多いと靴にカビを発生させてしまい、目に見えないカビが足に移り住んでしまいます。
そうなると水虫を発生させるなどの害も生まれてきますので、下駄箱にも気を配る必要があります。

ポイント1:重曹を使って下駄箱を清潔に保つ

おすすめのケア方法は、重曹を使用して下駄箱を清潔にしておく方法があります。
ホコリや砂などにも雑菌が付着していることもありますので、一度湿気た靴をいれてしまったなと心当たりのある人は1度は重曹で清潔に下駄箱の隅々までしっかりと掃除しておくことが大事です。

ポイント2:重曹で拭いた後はしっかり乾拭きする

そして拭き掃除をしっかりとした後は、ぞうきんなどでしっかりと乾拭きしましょう。
掃除で発生した重曹の水分でカビが発生することを防げます。

1週間に1回は、下駄箱の扉を開放して外の空気と入れ替えるということもよい方法です。

洗っても臭いを消す対策グッズでも足臭がよくならない場合は?

徹底的に臭いを消す対策してるにも係わらず、足の臭いをなかなか消す事ができない時は、思わぬ病気のサインかもしれません。

足の臭いが副作用で発生しやすいのは、●水虫 ●多汗症 ●他の生活習慣病や内臓疾患の3つの疾患が挙げられます。

水虫が原因となっている場合

20まず水虫は、まさに靴の中の汗ムレなどの高温多湿の環境を餌にして増殖する特徴があり、カビの白癬菌の発生が直接的原因で起きるケースが多いです。

ただこのカビの1つである白癬菌が足の臭いを促進させているのではなく、元々人間の肌に存在する皮膚常在菌が皮脂や汚れなどを栄養源にして活発に働いてる証として足の臭いを発しているのです。
ですから、水虫を発症したと分かれば、専門の治療を速やかに受ける事で足の臭いは緩和できるでしょう。

多汗症が原因となっている場合

22次に多汗症は、特別気温が高くない日でも必要以上に多い汗を掻くのが特徴で、足の裏の発汗の量も尋常ではないのが特徴です。
発汗と同時に皮脂や古い角質も外に排出するので、まさに皮脂常在菌が好む環境と言え、強烈な足の臭いを放つ原因になります。

多汗症は交感神経の乱れが原因で起きるケースが多いですから、精神的ストレスから解放されれば症状が治まる場合もありますが、あまりに足の臭いが顕著な時は皮膚科を受診するのが適切な治療方法です。

生活習慣病や他の内臓疾患が原因となっている場合

23生活習慣病や他の内臓疾患を発症した時に併発するケースもあります。

なぜ臭いやすいかというと、身体全体の免疫機能が著しく落ちている状態なので、菌に対抗できる力が弱まっているために皮膚常在菌が更に増える事が考えられるからです。

足のみならず、身体全体の体臭を発生しやすいのが生活習慣病や内臓疾患の第2の特徴ですので、足の臭いだけなら多汗症か水虫をまず疑うのが正しい見解になります。

みんなの足臭体験談&口コミ広場

デオドラントスプレーをかけて足の裏の臭いを克服!【30代 女性 OL】

昔は足が臭くなかったのに、気が付くとあの猛烈な、ワキガの人と同じようなあの臭いになってしまいました。
原因はOLならではの革靴にあるのかなと。

スニーカーなどとは違い、どうしても通気性がよくないせいで、靴の中、そして足の裏や指の間にイヤな臭いが染み付いてしまったんだと思います。
とはいえ、足の裏の臭いが猛烈に臭くなるのは、靴を脱がないかぎりそのニオイが顕在化しないがため。

外で仕事をしているとあまり靴を脱ぐ機会がないですから、足の裏の臭いが知らずに進行してしまい、少し靴を履いただけで、それこそ30分程度であの猛烈な臭いが靴の中を支配するように。
もう周りに迷惑を掛けるほど強烈で、靴を脱がなきゃいけない時は困り果ててしまいました・・・。

しかし、脇にデオドラントスプレーを当てていた時、ふと足の裏にも何気なくブシューッとスプレー。
すると驚いたことに、その日は何時間靴を履いてもまったく臭くならないんです!
これは驚きました。

デオドラントスプレーは汗を抑えて、汗の原因菌の発生を抑制してくれます。
つまり、ちょっと調べてみると、足の裏の臭いはワキガとまったく同じ原因なので、デオドラントスプレーが超有効ということなんです。
毎日毎日デオドラントスプレーをふりかけていると、完全に臭いの原因菌をやっつけることができ、今では振りかけずとも、足の裏が強烈に臭うことはなくなりました。

程度にもよるとは思いますが、足の裏の臭いが気になるならデオドラントスプレーをかけてみたらいかがでしょうか。

私の足の臭いの対策方法について【30代 男性 会社員】

私の足の臭いへの対策方法についてご紹介します。

現在30代の会社員ですが、加齢と共に足の臭いもキツクなってきた印象があります。幼い頃は帰宅した父の足が臭いと文句を言っていましたが、現在では妻や娘から臭いと指摘され、父の気持ちが分かりました。

さて、実際に行っている臭いを消す対策方法ですが、先ずは臭いの素となる雑菌を繁殖させない為の制汗剤を使用しています。手用、脇用、顔用、足用と体の部位に応じた商品が数多くありますが、私は脇汗対策で使用しているオドレミンとリフレアという製品を足にも使用しています。オドレミンは制汗作用に優れ、リフレアは臭いを消す作用に優れるので併用しています。これらを使用して臭いを大幅に消す事ができました。

また、職場では安全靴を着用している為、靴の中が蒸れてしまい、最悪の環境になりますので臭いを消す機能に優れた靴下を履くと共に、靴下の代えは常にストックするようにしています。安全靴についても定期的に持ち帰ってこまめに洗うように気を使っています。

休日の際には基本的には靴下を履かなくて済むようなサンダルを履いています。子供と遊ぶ際や買い物時には家族からブーイングがきますが、臭わない方を優先しています。
最後になりますが、とにかく蒸れないようにして、清潔に保てれば臭いませんので、足の臭いにお悩みの方それぞれのライフスタイルに応じた臭いを消す対策をしていく事が大切です。